Home > 大人にきび > 思春期ニキビとは違う大人ニキビの特徴と対策

思春期ニキビとは違う大人ニキビの特徴と対策




思春期の頃にできるニキビと、大人になってからできるニキビとでは、特徴も原因も違うようです。

そのため、思春期の頃のニキビ対策と同じことをしていても、なかなかニキビが治らないというケースがあるようです。

今回のコラムでは、アダルトニキビともいわれる「大人ニキビ」の特徴と対策について考えてみましょう。


大人ニキビ(アダルトニキビ)の特徴


大人ニキビアダルトニキビは、口の周辺を中心に、口、顎(あご)、鼻、頬(ほほ)に何度も繰り返しニキビが出来てくるのが特徴です。

この大人ニキビは、偏食、不規則な生活、ストレスなどが原因となって、ホルモンバランスを崩し、それが影響してニキビとなって口の周辺にできてくるのです。

偏食やストレスが原因であるため、皮脂がドロドロになって、毛穴から出にくくなり、大人ニキビになる。

このような仕組みが、思春期の頃のニキビとは大きく違います。

思春期の頃のニキビ対策は、分泌量が多くなった皮脂対策を行なうことが中心ですが、大人ニキビの場合は、皮脂対策を行なうことではなかなか解決しないのです。


大人ニキビの対策



前項のような背景がある大人ニキビの対策は、偏食をなくしたり、ストレスを発散する方法を身につけたりという他に、「保湿」がポイントとなります。

20代以降の人の肌が、ストレス等で硬くなり、皮脂が出にくくなっている場合には、肌に潤いを与えるスキンケアを心がけ、「保湿」を十分に行なうことが必要になってくるのです。

保湿効果の高い、自分にあったスキンケア用品を見つけ、角質の新陳代謝を高める。


このことを意識したスキンケアを十分に行ないながら、偏食やストレスの状況を改善していく。


このようなことが継続して行なえるようになると、きっと「大人ニキビ」がなくなります。





Home > 大人にきび > 思春期ニキビとは違う大人ニキビの特徴と対策

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top

WordPress database error: [Duplicate entry '420070' for key 'id']
INSERT INTO wp_nikibislimex_stats ( `remote_ip`, `language`, `country`, `referer`, `domain`, `searchterms`, `resource`, `platform`, `browser`, `version`, `visit`, `dt` ) VALUES ( "912050664", "", "", "", "", "", "/7.html", "-1", "34", "", "80918", "1513109257" )