Home > ニキビとは(原因と種類) > 間違えたニキビ治療をしないために「にきびの種類」を知る

間違えたニキビ治療をしないために「にきびの種類」を知る




一言で、ニキビ治療といっても、一様ではありません。

ニキビの状態やにきびの種類によって、ニキビ治療にきび対策が違ってくるのです。


今回のコラムでは、「にきびの種類」について確認をしておきましょう。

自分がどのタイプのにきびで悩んでいるのか。

このことの理解が、ニキビを治す近道なのです。


さまざまなニキビの種類


ニキビの種類は、本当にまちまちです。

ここでは、代表的なニキビの種類をご紹介しましょう。


・白にきび


白にきびは、毛穴から出ることができない皮脂が見えている状態のにきびです。毛穴から出ていない皮脂は、空気に触れていないので黒くならずに、白い状態のままです。この白にきびは、汗をそのままに放置していたり、皮脂の分泌量が多かったりするときに出来やすく、毎日適切なスキンケアをするで防ぐことができます。


・黒にきび


白にきびで説明したように、皮脂が毛穴から出ることができない状態のニキビとは異なり、黒にきびは皮脂が空気に触れて酸化した状態のニキビです。

小鼻などに出きやすい黒にきびは、悪化して色素沈着しやしいニキビでもあります。そのため、早急にニキビ治療をしなければ、将来色素沈着した箇所に、いつまでも悩まされることさえあるのです。


・赤にきび


赤にきびは、炎症を起こしているニキビであるため、痛みがあるなど、よけいに気になるニキビです。この赤ニキビは、皮脂が毛穴に詰まったことが原因となり、その部分が細菌によって炎症を起こしているのです。ひどくなった赤ニキビの場合は、ニキビ跡をひどくしないためにも、皮膚科で早めに治療をしてもらうことが望まれます。


・黄にきび


ニキビには、他にも「黄にきび」というのがあります。黄にきびは、赤にきびがさらに悪化して、化膿しているニキビで、ひどくなると炎症によって熱が出てしまうこともあります。膿が出るほどのニキビにしないためにも、早い段階でニキビ治療をする方がよいでしょう。



このように、「ニキビ」にはさまざまなタイプがあります。

一言で「ニキビ」といっても、一様ではないのです。

このようにタイプが異なるニキビがあるということは、治療や対策にも違うが方法がとれられることがあります。

自分にとって、「どのようなスキンケアをする必要があるのか」「どのようなニキビ治療をする必要であるのか」をしっかり研究することです。


「友人がニキビを治したスキンケア用品を同じように使えば治る」


一人ひとり肌質などが違うため、そう同じようにいかないのがニキビ対策にきび治療の難しいところです。

自分のニキビのタイプを知り、正しい洗顔方法を学び、自分にあったスキンケア方法を見つける。


このことがきちんとできれば、あなたの肌はきっとスベスベになります。





Home > ニキビとは(原因と種類) > 間違えたニキビ治療をしないために「にきびの種類」を知る

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top

WordPress database error: [Duplicate entry '420070' for key 'id']
INSERT INTO wp_nikibislimex_stats ( `remote_ip`, `language`, `country`, `referer`, `domain`, `searchterms`, `resource`, `platform`, `browser`, `version`, `visit`, `dt` ) VALUES ( "912050664", "", "", "", "", "", "/4.html", "-1", "34", "", "80918", "1513109283" )